同居の話・・・続き

えっと、悪口みたいな内容を書いてしまいましたが・・・

未婚の小姑さんでも、すばらしい方存じてます。
ご両親の介護を本当に独りできちんとされ(そのために婚期を逃してしまいました)

その後、そのご両親と暮らされていたお宅に独り暮らしをされていましたが、弟さんがご結婚なさったのを機に
「自分はもう一生独身だから」
とその住んでいたご自宅を弟さん夫婦に譲って、ご自分は独立されたんですよ・・・
財産すべて、弟さんとそのお子さん達に・・・だったと思います

当時はそんなものかと思っていましたが、今思うとすごい・・・・
なかなかできる事じゃありませんよね。

周りからも信頼され、そのお身内の方々からもすごく大事にされてました。

結局は「人間性」って事なのでしょう。
未婚の小姑さんがみんな悪いのではなく、しょうもないのが未婚で小姑になるとさらにどうしようもなくなるという事なのでありましょう・・・・・

小姑一人は鬼千匹にむかう
ということわざもあるぐらいですから。

で、
全然違う話。

ムスメがこちらに帰って来るような話をしていたのです。
私としては大歓迎だったんですけど・・・・
(楽団のみなさんにも「帰ってくるかも」なんてお話していたのですが)

ちょっと楽しみにしていました。
ムスメといっしょなら、オケに復帰してもいいかも・・・とか、
(今ならクラリネット入れそうな感じなので)

どうせなら、バイオリンを今からやってみて、楽団に・・・とか・・・・とか・・・・

結局、
「家賃等の生活費等がいらない事を考えてみても、あまりにこちらの就職の条件(給料や有給等)が悪すぎる。今の状態を維持する」
事になりました。

母、がっくり・・・(´;ω;`)ウッ…

地方の現実・・・・
若者が帰ってきたくても帰って来られない

そりゃあ、過疎になりますわな。

それでも関東から来て居てくれる方もいます。
ありがたいと思います・・・・

それに対して、地元がちゃんとこたえているのか?と言われるとすごく微妙みたいな気がします・・・・・

とても、申し訳ない気持ちになります・・・・
スポンサーサイト

人生いろいろ・・・(^_^;

今朝、NHKで「同居」をテーマにしたのをしていて、つい見てしまいました。
先日削除した話が実はそういう話だったけど、ぼかし過ぎて全くみえなかったですね(汗)
以下の話もそのままじゃなく、創作も入れてますのでご了承くださいm(__)m
特定の方の話ではなく、今まで聞いた事のある話をミックスしております。

ともにもう両親がいない私には一見関係なさそうとか思う方がいるかも?ですが・・・

自分が「いつかは」姑になる立場なんですよね(あんまり考えたくないけど)

T君がいるので、子供夫婦との同居はないと思っていますが、人生どうころぶかわかりません。

同居したくなくても、いろいろな事情でそうなっちゃう場合もあるでしょう・・・
晩年のばあさまがそうだったように・・・・

自分と全く関係がないという事はないのだ・・・・

で、
こういうテーマを見る度に思うのは
「未婚の義理の姉の存在」
ですね・・・・

私はいつもこれを見る度に、ある方々に謝りたいと思う・・・・

未婚で働きもせずに実家に寄生している義姉なんて、はっきり言って
「ろくなもんじゃない!!」
デス・・・・
(いい方もいるとは思いますけど・・・・私が知っている数人、みんなトラブってますから)

伺ったあまりの意地悪さがどうしても理解ができず、本当の話とは思えなかったという・・・・
「悪気はないのよ」
なんて言っちゃった気がする・・・
どれだけ上から目線だったんだろう・・・・

と反省しきりです・・・・

いろいろな事情がおありで好きで未婚になったのではないとは思いますけど・・・・・

好き放題した揚げ句、周りにはお嫁さんの悪口言いふらして、親の介護もすべてお嫁さんに押しつけて
(だけど、周りには
「自分が独りで介護している、弟夫婦は何もしてくれない」
と言いふらす。)

介護ってね、独りだけでできるほど甘いもんじゃありませんから!!

「独りで介護している」
と言い切っている自体がおかしいのだけど、したことのない人にはわからないでしょうね・・・・

本当に独りで介護してたら、周りに接してそんなこと話す余裕はないと思います。

揚げ句

ネットでよく見る(要するに「よくある話」だけど、私も実際聞いた事がある)顛末

その義姉が、親の財産全部持って行ってしまうという・・・・

本当に介護をしてたら、親の財産にまで気は回りません。
その隙に・・・・です。
いろいろなやり方がありますわな・・・・・
(書かないけど)

そりゃあ、親も実の娘の方がかわいいのが本当でしょうから・・・・・

踏んだり蹴ったりですね。弟のお嫁さんは。

介護押しつけられて、悪口言われて、揚げ句、何一つ残らない

自分だったらどんなに悔しいだろう、悲しいだろうと思います。

まして、1番理解しなければいけない身内が実際見てもなかったくせに、言われた事を真に受けちゃって
「伯母さんがお世話していたんだから、財産を全部もらえるのは当たり前だろう」
なんて言ったら、

ズタズタですよ・・・・

私に出来るのは
「天罰がくだれ!!」
と祈るだけなのが悔しいです。

ブログのネタにして、
「本当の事をちゃんと見極めてほしい」
と訴える事が精一杯ですね・・・・

もちろん、そういう人ばかりではないというのは書き加えておきますけど、いい人もいればとんでもない人がいるのが世の中で
それをきちんと見極めなければいけないというのはすごく思います。

そして、上手くできないのが、人生なんですけどね(^_^;

おまけ
私にも義姉がいますが

いい人ですから!!←念のため叫んでおく

私は好きです
まあ、遠方に住んでいるからというのはありますね。

このブログを読んで
「ふぃるさんは上手くやっているのに上手くいかないのは努力が足りないから」
みたいな話の材料にしないでください。

義両親と同居というのを軽く考えすぎるのはどうなの?というのもこのブログの主題のひとつでもあります

ふっとんだ(苦笑)

スイミングの時に聞いたお話が胸に突き刺さって、独り言を書いたのですが、上手く書けてないので削除しました。

世の中いろいろな方がいますよね

で、

たまたま、ネットで見つけたマンガを「大人買い」してしまいました

源氏物語を漫画化したものです。

大昔、源氏が追放されるぐらいまで読んだ記憶があって、是非続きを・・・と思いながら数十年((^_^;)

原作も読んだ事あるのですが、漫画の方が絶対におもしろい

Kindleで出ていたのを全巻ポチってしまいました。

パソコンの大画面で読めるのでありがたいです(^^)
(拡大もできるし、場所も取らないし)

で、全部読んでみてあらためて思った

光源氏さいて~~~~!!(鬼汗)

うちのだんなは漫画は読まずに原作だけ違う訳で何作か読んだそうなのですが
「近親○○の話じゃん(ーー;)源氏好き放題じゃん」
と申しておりました
(身も蓋もないけど、そうですね)

最初読んだ時はあまり意識しませんでしたが・・・

というか、気にはなったけど、あまり考えないようにしたというか・・・・・

藤壺さんまではまあ、うん、純愛かも・・・と思えた頃もありましたが・・・

父親の愛妾でっせ(ーー;)
ないでしょ!!

お兄さんの愛妾もゲット

ご兄弟で同じお人を・・・・(以下自粛)

それもどうなの?と思っていましたけど・・・・

問題はそれだけじゃないとこの年になって初めて気がついた

その愛妾って、そのお兄さんにとってお母さんの妹(異母妹っぽいけど)

えっと・・・

叔母じゃん!!

叔母さんにご執心する帝(おええええええ!!)

というか、自分の妹を自分の息子に・・・・の母(こわっ!)

有名なのは紫の上ですけど
(幼い頃から手元において自分好みに育ててから結婚)

ひとつ間違うとロリコン・・・・・
(いやすでにいろいろ間違っているような気がする)

何と年齢層の広いことか・・・・・

他にもいろいろ出てきますが・・・

「病気」とか当時はなかったのでしょうか・・・・

明石の君ぐらいはまだまあ、明治ぐらいまでは「妾」という制度はありましたからね・・・・・
わからなくはないけど

お兄さんの娘を正室にって・・・
読んだ頃は「年の差」を気にしたものですが・・・・・

そこじゃない
女三宮って

れっきとした血のつながったやんかああ!!!!!!!

親子、兄妹はさすがになさそうですが・・・・

すごい世界だ・・・・と今さら思った(鬼汗)


源氏の藤壺に対するすごい執着も怖いけど、それをさらりと美しい物語にしてしまう紫式部のすごさ
それが1000年以上にわたってしっかり読まれているというのもすごい

現実ならついていけないけど、おとぎ話だけならおもしろいよ、うん。

漫画だとさらにわかりやすいし

現在はいろいろ平和だなあ、私は現代で育ってよかったと心から思ったのでありました。
昨日いろいろつぶやいたけど、それがどうでもよくなってしまいましたから!!!

おまけ
叔父と姪とかの結婚は叔姪婚(しゅくてつこん)と言って、近代でもできる国があるそうです
日本だと近親婚になるので法律で禁止されています。
(血がつながってなければいいらしいけど・・・詳しくはわかりませんデス)
しかし、神話等にあるとおり、大昔には普通にあった慣習なので、↑の内容はあくまで私個人の感覚です
作品自体を貶しているわけではありませんのでご了承ください

おひさしぶりです

新しいパソコンのモニター、夕方に届きました。

久しぶりのマイパソ

来月からレッスン再開できそうという知らせもいただき、本日とてもハッピーでございます。

東京、暖かかったです。

昨日の帰りの飛行機、なぜか、機体が
「国際線用」
だった。

「使用機種変更のお知らせ」
を事前にいただいてましたけど、乗った時前方の席が
「なんかすごい豪華(@@)」
と思ったのよ

まあ、ぶっちゃけて言いますと

初めて見た!!

1stクラス、ビジネス、エコノミー
エコノミーは2種類あったっぽい・・・

乗客全員、エコノミーだったみたい(^_^;

1stクラスとビジネスクラスに人がいた気配はなかった・・・・

自分が国際線に乗ることは一生ない!と断言できるので

めずらしいものを見られてラッキーでした(笑)

1stクラスすげ~~~
座り心地よさげ~♪♪

でも、
スパの宿泊する部屋にある物体とあんまり変わらないかも・・・と思った事はここだけのお話

私、乗る事は絶対にないけど、エコノミーでいいやと負け惜しみを込めて言ってみる

いろいろ

えっと・・・

数日前、いつもの通り、パソをしながら飲んでいたわけです
そうしたら急にモニターの画面が真っ黒になりまして・・・

「スリープした?」
と思ってマウス動かしたりしたんですけど、反応せず・・・・

パソ本体の電源は入っていて
「?????」

ディスプレイの電源が落ちていました。
いろいろ試みたのですが・・・・・

まあ、要するにモニターの寿命だったということらしいです(汗)

次の日すぐに買いに行ったのですが、いいのがなく、そして、私は明日からまたまた出張なので、交換に時間がかけられないんですよ
来週帰宅してから考えます

その間、パソなし生活もいいかなと思ったのです。
スマホからウェブでメールチェックできるので、仕事はそれで実害なし
いろいろ立て込んでいたし

これ、だんなのパソを借りてます
遅いです汗
(ワープロ機能だけあればいいというので、一番最低ラインの性能なので)

更新ないですけど、気にしないでください

難しい・・・

言葉のニュアンスを簡単に誤解なく相手に伝えるのって本当に難しいです・・・・

人間としては嫌いじゃないけど、仕事をいっしょにするのが難しい人っていません?

全否定しているわけじゃないんです。

合う合わないもありますよね・・・・

早い・・・(^_^;

除湿器のフィルターがボロボロになっていて、仕方なく重い腰をあげて、注文することに・・・

今はネットで選べるから便利ですね・・・

って、

うちの除湿器2004年製だって・・・・

10年過ぎてるじゃん!!(@@)

びっくりした。
フィルターはまだ取り扱いがありました(ほっ)
「2年に1回交換しましょう」
と書いてあった。

11年間、1回も交換しておりません(鬼汗)

次の交換はないかな(^_^;

痛い話

本日、すごく久しぶりの楽団の練習日

めっちゃ、ハイでした・・・(汗)
笑ってやり過ごしてくれたトレーナーありがとうm(__)m
まだ何年か不安定なの続くと思うの

ボランティアだと思って許してください

みんなに会えて、うれしかったんですよね

タイトルの話
某女優さんがかぼちゃを切っていて怪我をされたそうで・・・・

過去にかぼちゃを切って、右手の親指の爪がはがれ、半年間親指の爪がなかった事があったんですよ
痛いなんてもんじゃなかった。

ネタにしているとおり、ちょっと不安定なこの頃ですが、あの痛さを思い出したら、不調が飛んでいくような気がしたという・・・

痛いより、精神的不調の方がマシじゃね??

あの痛いの乗り越えたんだから、不調なんて軽いような気がしたという・・・・

だったらいいな(^_^;

あと少し?

絶対に催促しているわけじゃないです。あらかじめ書いておきます。

順調なら今日からレッスン再開のはず・・・だった。

けど

師匠はそのつもりだったようですが、お話を伺った限り
「絶対にムリ!」
と私は思っておりました・・・

当たったあ~~(苦笑)

来週は私が上京するので、いないからない。

再来週・・・・どうだろ・・・(^_^;

年内には再開できるんじゃないか?とこちらは勝手に思っているのですが・・・・

ご無理はなさらず、ボチボチでお願いいたしますm(__)m
(って、ここはごらんになってないと思われ)

実力もないのに、シャコンヌに手が届きそうで浮かれていた罰が当たったのかな?と正直思いました・・・・
「あなたなんかに弾かれてたまるか!」
みたいな??

この数ヶ月で思い知ったのは、
「独学はムリ。自分には絶対に師匠が必要」
という事です・・・

どれだけ今まで師匠に頼り切っていたか、です・・・・

レッスンしていただけて当たり前、みたいに思っていたところあったかもしれません。

「こちらは気になさらないでください、自己練できます」
と言い続けていたものの、その自己練のなんと頼りないことか・・・・

変なクセつけているんじゃないか?というハラハラ感
「あれ?ここのボーイングはこれでよかったっけ?」
「音程は?ずれてない?」

何回
「師匠~~カムバアアアアック!」
を叫んだ事でしょうか・・・・・

もしかしたら、2度とお会いできないんじゃないか?という不安にもさいなまれてました。

幸い、いい方に向かっているらしいというのがわかって、本当にほっとしています。

あと少し!です。

だけど、再開の時に
「うわっ!すごい退化してる」
とか思われそうで・・・・

そっちが不安になってきた(^_^;

(詳細はプライバシーがあるので伏せます。再開の目処が見えてきたので書きました)

ちゃんちゃんこ、綿入れメモ

真綿と化繊の裏地は合わない
新モス(綿)の方がいい。

真偽不明とはいえ、一応大島
中綿を木綿と真綿、どちらにするかすごく迷ったのだけど、せっかくなので、真綿を選択

前、真綿で遊んでいたのは
「真綿は繊維が強いので生地から飛び出して毛玉になる」
というのを聞いたためで、実際どうなのか確認したわけです。

新モスでくるんだ真綿を背負ったり首に巻いたりしましたが、まったく問題なし。
真綿セレクト

扱いが楽だという丹前真綿というのを注文
懐がかなりいたかったぜ(っ´:ω:`c)
木綿の何倍か、計算したらひっくり返りそうだからしない。

母の汗がしみこんでいるかも?の一部、「ふくみ綿」(肩周りの縫い代の内側にあらかじめ縫い込んでおく)に使用

裏地を新モスにするつもりだったのに、だんなから
「絹と木綿は組み合わせがおかしい」
とクレームが付く

「裏地も正絹にしろ」
と言われたけど、真綿だけでお財布事情が精一杯
だいたい、古い反物に新しい裏地もねえ・・・

「買うのもどうかと思うから、だんなの昔の着てない着物の裏をほどいていい?」
と言ったら、あきらかに怒っているので

手元にあった、「東レシルック」の裏地を使いました。
(これも真綿にくるんで繊維が飛び出さないか確認)
見た目はシルクっぽい。
反物幅じゃないのと、微妙に長さが足りず、ものすごく頭をひねらないといけなくなりました。(;つД`)

で、本日午前中涼しかったので綿入れ。

裏地、しくじったね。
全然真綿がなじんでくれない。表が紬だからそっちになじんでくれるだろうと楽観していたのに

全然!!

ただいま、座布団乗せてなじませてますが、はたして??

綿の形が生地の中で落ち着けば、寄らないでくれると思います
(もちろん「綿止め」はします)

完結??

違う針(ちと太めの絹用)で縫ったら

さくさくさくさく・・・・・

縫える・・・・
これなら手縫いでもいけた・・・・・

前のブログ、

湯のしと湯通し、関係なかったらしい(恥)


ひもを縫うのにかかった時間カムバ~~~ック!!・・・・・(涙)


1反丸ごとあるのにちゃんちゃんこ1枚、

当然、余ります

シミは巻かれた表側にほぼ集中しており

その表側から巻き取って、巻き終わりの方から使って、ラッキーな事に織り傷とシミは表に出さずに縫えた

満足( ̄ー ̄)ニヤリ

残ったシミが多い側のは

だんなのちゃんちゃんことなる。

シミをよけるのはムリっすね。

たぶん、だんなは気にしない。
(という事にしておく)

本日、綿を入れるところまでいけましたが、

なんなんすか?この暖かさというか暑さ!!(ーー;)
室温25度ですぜ
綿入れする気にならず・・・・

来週までに仕上げればいいので、ひとまず休憩。

前のブログで気がついたんですけど
「G君」
のGが

ダンディ君の頭文字っぽい・・・・

HPをはじめてから10年以上
「G君って『ごう』君ぐらいしか思い浮かばないけど」
と言われた事ありますが

長男、次男という言い方がイヤで、「tyounan君」「ginan君」から「T君」「G君」になったのであります。

ムスメは1人なのでムスメそのまま。

本名とは関係ないのです(ちなみに2人とも頭文字は同じです)

今さら気がついた事

なんで「Jinan」にしなかったん??

今さら変えられない・・・・_| ̄|○

ついでに言うなら、2人とももうおじさんに近い年齢ですので、「君」もどうなのよ?と思いますね
さらに前から思っていたけど

私の「ふぃる」というHNもどうなのよ???
RPGする時に主人公にいつもつけていた名前
(当然語源は「フィルハーモニー」からです。フィルをかわいらしく?平仮名にしただけ)

ここを始めた頃は30代だったからまだよかったと思うのですが・・・・

50過ぎたおばさんが自分で言うのはかなりこっぱずかしいですぜ・・・

まあ、ここが続く限り、そのまんまですね。

還暦まで続いたらすごいね。

わかりませーん┐(´∀`)┌

昨日のネタ

私の知っている大島紬はとても柔らかくて、どうしても手元にあるものとは感触が違う
その感触を味わいたくて、湯のしに出したのに、生地がかたいっていったい・・・
びびちゃんにも
「おかしくない?」
と言われて、気になって、検索したら
湯のしと湯通しは違うらしいというのを知り

軽くショックだった昨夜。

関東からこちらに来た時に、同じものでも名前が違ったりしたので、湯通し=湯のしなのかなと思って深く追求しなかった私のミスですね・・・
大島の本物なんて縁がないと思うので、知識のひとつとしてブログのネタにしてみました。

もしかしたら湯通ししても固いまんまだったかも?だし(笑)
(店の人は本物と言ったけど、私は違うんじゃないか?と思ってます)

湯のし=反物に蒸気をあてて、生地の幅等を揃える事
湯通し=紬等の生地に残っている糊等を40度前後のぬるま湯に付けて落とす。それにより生地は本来のしなやかさ肌触りになる

んだって。
私、湯通しは知っていたけど湯のしは知りませんでした。
なるほど~でした。

ネット見ていたら、湯通ししないでそのまま仕立てちゃっている大島紬が結構あるそうです。
私はすぐギブアップしちゃったけど、縫った人すごいわ(^_^;

最近は湯通しを済ませてから流通させたりするそうで、調べると深くて、キリがないです。

で、
このブログの主題

あくまで素人が書いた話です。

真剣にとらないでください!!

もしかしたら違うかもしれないけど、確認のすべはございませんデス

ギシギシ

正絹のお着物は着ると
「キシキシ」
みたいな繊維の独特の感触があったりする

私、正絹のお着物なんて10年に1度着るか着ないかですけど。
(最近では2008年の姪っこの結婚式で黒留袖着たのが最後だわ)

先日ばあさまの遺品(というか銀○の話)といっしょに出てきたのが、
「大島紬」
と書いた男性用反物

すごく古く、ところどころシミなんかもあって、どうしよう??と思って、だんなに聞いたら
「Gに縫ってやれば?」(古さとシミを見て引いたらしい)
というので、

「大島紬って書いてある男物の反物がでてきたの。着るなら縫うよ」
とG君に聞いたら
「着ないし、扱いが面倒そうだからいらない」
と即答
「じゃあ、すごく勿体ないけど座布団とかにするわ」

と言ったところ、「大島紬」を検索して、考えたらしく

「袖のないベストみたいなの(ちゃんちゃんこともいう)を縫ってもらえませんか?それなら着ます」
と言ってきました

古いし、本物かどうかわからんし、シミをよけないといけないとなると長着は微妙かもと思っていたので
「ああ、それいいアイディアだわ(^^)」

一応、呉服やさんに持って行って「湯のし」をお願いしたんですよ
「本物かどうかわからない正体不明の反物なんですけど」
と言ったら
「本物ですよ、これ」

へえええええええ!!!!!
びっくりぽん(今流行?)

本物だけど、古すぎるし、何よりシミだらけだし・・・・

「シミ抜きすればきれいになります」
と言われましたが

7000円也・・・・

お断りしました。ちゃんちゃんこにそんなお金はかけられん!!
(長着にしても誰も着ないし、それならちゃんちゃんこにして着てもらった方がいいからね)

なんだけど

腐っても古くても

大島紬

(びびちゃんに「なんでそんなもんがあったの?」とか言われた)

湯のしに出している間、
「ミシンじゃなくて、手縫いで仕立てよう」
と、私、ヒマさえあれば運針の練習していたんですよ

大島紬、きっと縫う時もサクサクと針が通って、どんなに気持ちがいいんだろう・・・・

生きてきて、大島紬を自分の手で仕立てるなんて(ちゃんちゃんこだけど)

とめっちゃテンションアアアアアッップ!!!!!

その時の感覚
「実力は微妙だけどオケに誘ってもらえた時の心境」
に似てた(^_^;

そして湯のしから返ってきて、

楽しみに裁断して

「さあ縫うぞ~~♪」

絹用の細い針が通らない・・・・固い・・・・(鬼汗)
ギシギシとひっかかる・・・

ちゃんちゃんこのヒモ(30センチ)縫うだけで1時間・・・・

ムリ!!

あきらめて、直線部分はミシンにしました・・・
(それでも半分以上は手で縫いますけど)

すごい挫折感
さすが大島

私の和裁のレベルで手縫いしようとした間違いを正されましたわ(^_^;

おまけのどうでもいい話
単衣は一応縫えるけど、綿入りはしたことがないので、手元にあった古い女物の反物(オレンジ色)で試作品を縫ってみた
「こんな感じでいい?」
と写メしてG君にお伺いしたら
「色は?」
「君用に仕立てるのは○○色だけど・・・・」
「だったらいいです。それと同じかと思った」

私でもそのオレンジ色は着られません!!(^_^;

「なんでそんな物を自分用だと思うのかしら?」
とびびちゃんに愚痴ったら
「AB型だからじゃない?それか『おかんのとんでもない』かと思ったか・・・・」

両方かもしれない

おかんって信頼ないよね・・・・・

追記
私は「湯通し」を頼んだのだけど、呉服やさんは「湯のし」と言ったの
湯通しの事を湯のしというのかな?と思ったけど、もしかしたら違ったのかもね・・・・

そうでなければ何であんなに生地がかたいんだあああ!!!

まあ、もういいわ・・・(^_^;

シンクロ

季節の変わり目

私の調子が悪い

T君はさらにさらに不調

私の不安定がT君の不調にさらに輪を掛け、T君の不安定さで私の調子がさらに悪くなり・・・・・

悪循環だったりする・・・・

よくないけど、しょうがない。

要求が上手く言葉にできないストレスに体調の不安定さが加わるのだから、本当に不憫なんだけど、ずっと一緒にいるこちらもそれに付き合うのはきつい。

ずっと夜眠れてなかったみたいで、今すごいいびきかいて寝てます。
昼でも、眠れるようになったのは安定する前兆です。

ちょっとは楽になるかな・・・・

そして、また春先に不安定になるのを繰り返すのであった・・・

束の間の安らぎ(^_^;

3匹め?

家に帰ってネコ部屋に入ったら、こた君とひめちゃんが2匹並んで外を見てました

その姿のかわいいこと(*^_^*)

「何見てるのかなあ???」
とその後ろからのぞいたら

黒い真っ黒なしっぽの長い子がミルさんのエサをむさぼってました・・・・・

私の顔を見たミルさんが
「ヒーンヒーン(この子があたしのエサを食べちゃうの)」
と小屋の中から必死に訴える・・・・


ミルさんって、うちに来た頃は惚けたイリアにエサを横からかすめ取られて、それが理解できず
「ポカーン」
だったっけ・・・・・

カラスにもエサを盗られ

最近はその黒猫さん
(こたろうが来た頃はこたろうからもエサを盗られてヒンヒン言ってたっけ)

意地汚くないと言えば言い方としてはいいけど
要するに

意気地なし


っつう事なのでしょうか(ーー;)


いいんだ、そのア○っぽさが今の私には癒やしになるんだ。


だけど本当に毎回思うけど


本当に犬???

バセットだからなのか、それともミルさんだけの特性???

ああ、なるほど・・・・

真綿で遊んでいたら急に落ち込みが始まり・・・

久しぶりでしたねえ・・・・


「お年頃」の症状ですね。
最近落ち着いていたから油断しました。


季節の変わり目もあるかもね。

一応記録

私より年下の女性陣のために残す
人によるみたいだけど、私の場合はひどい落ち込み

あと、関節の痛み、ひざ、両手首、背中の左側が痛いです。
それに足のひどいむくみ

本当に女というのはホルモンに振り回されているという・・・・・
何もない人もいるみたいです。
うらやましいです・・・・

そういえば、昔、やはりホルモンの不調で、包丁振りました人の話聞きましたわ・・・・
当時50歳過ぎた方
(今はどうしているか知らない)

「更年期怖い(^_^;」
とその話聞いた時は思ったけど、ありえるかもと同じ年代になって思います
自分じゃ感情をセーブできませんから・・・・

自分は落ち込みでよかった・・・と思う
他人に攻撃がいくのは受けた側がすごく迷惑ですよね・・・・
(というか、下手したら警察沙汰で取り返しつかないよね)

そういうタイプの方は病院に行きましょうね。
(ここを見ている人にはいないと思いますけど)

(過去に何回か書きましたが、私ホルモン療法は禁忌にひっかかって受けられませんので我慢です。受けられる方がうらやましいです)

あと数年続くのかしら・・・・
ちょっと辛いなあ・・・・

こんなブログ書いているので、落ち着いてきています
ご心配かけてすみませんm(__)m

結局

真綿、剥き出しのまま、首に巻いてます

最初は荒れた皮膚に繊維がひっかかりまくり、扱いづらかったのですが、時間とともに落ち着きました。

すごく不思議な感触です。

服の間に挟んでも、繊維がその服に付くことなく、はがれるという・・・・

暖かいけど、暑すぎる事はなく、天然の力はすごい。

フリースとか扱いやすい素材もありますけど、こういう天然素材は本当に新鮮に感じます。

ただ

綿を剥き出しのまま首に巻いている姿

ババ臭いというか、なんというか

微妙だ


他人様の前では見せられませんね(^_^;

ちょっといろいろあるの・・・_| ̄|○

思考がマイナスへマイナスへと移動していく・・・・

気を紛らわすために始めた裁縫が封印していた記憶を蘇らせ

30年以上前の話なんぞ思い出しても仕方なかろうに(^_^;

そう思っても、連鎖的に違う事もどんどん思い出しちゃって

止まらず

ブログでおもしろおかしいネタにしちゃえ!
と思って書いたけど、

読み返したらかえって自分が痛々しく感じてしまい、削除(おいおい)

うん、これだけはわかる

それが年を取るということなのさ!!


こういう時は忙しい方がいいんだけど、ミスをするのもこういう時だよね。

書類に不備あって書き直しになりましたから(^_^;

さらに

首が痛い
そりゃあ、あれだけチクチク縫えばそうなるよね・・・・
最近調子がよくて忘れてたわよ

真綿を布にくるまず、そのまま当ててみてますけど・・・効果はいかに???(笑)

暖かくて柔らかくて、なかなかよいです(*^_^*)

心もくるんでくれる真綿がほすい・・・・・

なんか喉が痛いです

風邪の前兆かしらん。

そういうときは喉に巻くといいらしいです。

でも「真綿でくびを・・・」っていう言葉ありますね。

実際にしたらどうなるのか試す勇気はない。

FC2カウンター

ふぃるの木
PROFILE
HN ふぃる
住処 九州南部の端
性別 ♀

☆わんにゃん☆

♪こたろう(通称こた) 
雑種黒猫元♂ 
2009年10月に我が家の一員になりました
♪レイア姫(通称ひめ) 
耳垂れにゃんの女の子
2010年2月15日生まれ
♪ミルフィーユ(通称ミル) 
バセットハウンドの女の子
2004年12月8日生まれ
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索