寿命が短い?

昨日、A線とE線を交換した弦

今日みたらD線も何だか・・・・・(ーー;)

もう明日だから替えないけど。

店によっては2000円台のところもあるんですよ(もちろんセット価格)

コスパがすごくいいのになあ・・・・・・

長持ちする弦ってなかなかないですね・・・・
スポンサーサイト

無念。(;つД`)

前回のエントリはこちら

1ヶ月とちょっと・・・

A線の巻きがとれた(/_;)

「切れるまで使おうか?案外切れないかも・・・」
と迷ったけど、明後日本番、その時に切れたら目が当てられない・・・・

だけど、スピリットってセット売りしかないの・・・・
手元にはドミナントしかない・・・・
今から注文じゃ間に合わないし、A線だけ違う弦ってどうなんでしょ??

「1ヶ月で全換え?人生初(大袈裟)のすごい贅沢」

とか思ったのだけど
「とりあえず、A線だけ換えて様子を見よう」
と思いとどまりました。

同じTHOMASTIK-INFELD社製だしね
価格帯もほぼいっしょだし・・・(←関係あるのか?)

ついでに、E線もいつものゴールドブラカット0.27に交換

結果

今のところ問題なさそうです。
実際、落ち着いてみないとわからないけどね。

私はやっぱりドミナントがいいやと思ったけど、セットで3000円代はすごく魅力です
力強い音が出るし、最初は何だかなあと思ったけど、慣れれば弾きやすい。
バラ売りしてくれないかなあ・・・・

ドキリ(^_^;

ソナタ第3番ハ長調 BWV1005
4楽章

「息抜き」的に練習はしていたんですけど・・・

ノーミスで弾ききるというのは永遠にできそうにない・・・・・

「まあもういいでしょう」

とあいなりました。

次、ソナタ2番の1楽章
譜読みだけでしばらくかかりそうです。

ページが黒いぞ!!

ビバルディ四季から「夏」の3楽章
もうしつこいぐらい思う

ムリ!

ゆっくりから始めても指定速度じゃできないと思う。

話の途中で、なぜか、名前の話になりました
「コンマスの(下の)名前が○○さんとおっしゃるのですが、ちょっとめずらしいお名前と思っていたのですけど。、最近よく目に付くんですよね・・・フェイスブックで同姓同名がいて、本人かと思ったら14才と書いてありました」
「いい名前ですね(^^)、私の生徒には音楽系の名前がいましたね。しおんちゃんという子もいました」

ギクッ!

目が泳いだよ、私・・・・

「和音と書いてかずねちゃんもいたし、かのんちゃんとか・・・・かわいいですね」

そこで冷静になって、しおんちゃんの由来を思い出して冷静になる
「ああ、○しおんさんってバイオリニストがいますね(^^)」

いい加減にカミングアウトしろよ・・・と思うけど、ここまで来ると絶対に言えにゃい・・・・

案外ご存知みたいな気もするんですけどね(^_^;
誰かさんも見てるような気がしていたら、ビンゴだったし。
これだけしつこく更新しているのを見てくださっているというだけでありがたいですけどね。

レッスンの後は3月1日の本番を目指して、練習
休符を数え間違えそうな不安でいっぱいなため、CDをかけて音を覚えようと思ったら

CDプレイヤー故障(ーー;)

明日修理に持って行きます。

奇異だった

数年前の話なんですけど・・・・

近所のホームセンターの駐車場での出来事

おじいさんが、車のキーを「ポン」と地面に投げ置いて、さっさと助手席に乗り込んだの。
(落としたとかじゃなく、本当に投げ置いた)

それをおばあさん(奥さん?)が拾って、車を運転していきました。

見ていた私はとにかくあっけ・・・・

何だったんだ???

もしかしたら、そのおじいさん認知症で仕方がないのかも?と思いつつ
(だったら車のキーはおばあさんが持つべきよね?)


「あれは何だったんだろう?」
とずっと胸にひっかかっています・・・・・


いやはや、あまりに見ていて切なかったです・・・・・

なんでそんな古い話を思い出したか?というと「モラスハラスメント」の記事を読んだからで・・・
「あれはそういう事だったのかも?」
とふと思ったという・・・・・

本人達にしたら何気ないいつものやりとりだったのかもしれないし、やっている本人は無意識かもしれないけど、赤の他人からも「見えてしまう瞬間」だったのかもですね・・・・

身近にそういう方がいた時に、周りが気がついてあげられるようになってほしいと思いました。

いないんですけど・・・(^_^;)

お弁当注文の季節がやってまいりました

去年書いたブログ

未だに、しつこく根に持ってしまい
「お弁当のお茶はありません!」
とわざわざ配布資料にも楽団の掲示板にも書いた私

普通の人はそんなの気にしないって(^_^;)

「ふぃるさん、なんでお弁当のお茶にうるさいの?」
とか思われていたりして・・・・

来年ぐらいには忘れていたいですね・・・・

どうでもいい話は忘れられないのに、大事な段取りはすっかり抜けてますから困ります(^◇^;)

かなり違う

最近

カラスが地面にいると
「こたろうがいる!」
と思ってしまう・・・・・

違うだろ(鬼汗)

こたろうくんは結局、朝お外にだしてもらい、適当に帰ってきて
「入れて~~!」
とサッシにぶつかるので、まるで、サッシをノックしているようです(^_^;)

それで、時々外にいるのを見かけるわけで、↑みたいな勘違いをするわけですが、

こたろう君、意外に毛づやがいいんですね
ご近所に何匹もいる「兄弟?」という猫と見分けがつかないと思っていましたが、「つやつや」な毛はこたくんだけだという・・・

さらに

「地面に付くんじゃないか?」
という腹と

鈍くさすぎるしぐさ・・・・

「どこかでのほほんと飼われています」というオーラ全開

黒猫って「颯爽としている」イメージだったんですけど・・・・・違う・・・・

どうしてそうなった??(^_^;)
そして、なぜ、そんなこたろうとカラスが重なるのだろうか・・・

大丈夫かなあ・・・私

そういえば、ひめちゃん、5才になっていました
お誕生日過ぎてる(^_^;)

バレンタインの日に「お祝い」ってこた君に缶詰あげたので、ついでにひめにも食べさせました。
ちゃんと誕生日祝いにもなっていたじゃん(*^_^*)
さすが、私♪、よかったよかった♪

のか?

こたくんは5月ぐらいに6才かなあ・・・
早いです。とても。

ちょっと?違う

うちのプロバイダの名義に少々問題があり、前から訂正の電話かけないとな・・・と思いながらそのまま(;^◇^;)ゝ
(ちなみに平成23年の契約である)

auでスマホが安くなるサービスがうちのプロバイダでもOKと聞いて、それも含めて問い合わせの電話をかけてみる
名義変更が可能ということで

「auでスマホが安くなるサービスがありますよね?」
「はい、ございます、○○バリュー(○○がよく聞き取れなかった)ですね」
「ああ、それそれ、マックスバリュー、そちらはマックスバリューに対応しているんですね?」
「はい・・・・・」

という会話をしたんですよ・・・

なんか違うと思いながら・・・・


ここら辺がなつかしく思い出されました・・・・・
...( = =) トオイメ

数年前、
そのアドベントチルドレンを買いに行ったお店の店員さんと某所でごいっしょしまして・・・

「私『アドベントチルドレン』を『アダルトチルドレン』って連発したのよね(^_^;)、その頃にお店にいた?」
と聞いたら
「はい、居ました。たぶん、対応したの自分です(*^_^*)」

というオチがあったのであった。

さくらさくら

昨夜は楽団の最後の練習

指揮の先生が飴の袋を持ってきてくださって
「みんな取ってね-」

私も1個いただいて、家に帰ったら

脱いでおいていた上着のポケットに4個ぐらい入ってました
誰かが入れてくれたらしい汗

そういう楽団のメンバーがやっぱり大好きです(*^_^*)

まわった末路

この話の続き

まわる、まわる、ゴ○○リはまわーる
(中島みゆきさんの「時代」のメロディーでどうぞ)

まわる、まわる、ご○○り~
(こちらは爆風スランプ 「Runner」で)

とにかく、しばらく回っていたんです(^◇^;)
ダイ○ンのハンディ掃除機の中と私の頭の中で。

で、
例によって忘れた

先日、溜まったゴミを捨てようとして思い出し
「げげげ・・・」
と思って見てみたけど、それらしき物体はない。

「ああ、逃げ出したんだ」
ほっとしたような、気持ち悪いような・・・・

と思ったんですけど・・・・

えっとですね・・・・

回っている間に息絶えて、さらに回り続けて

分解されていたというオチ


「吸引力の変わらないただ一つの掃除機、ダ○ソン」

吸ったゴ○を分解させる威力もあります・・・・・・

これからは間違ってゴ○を吸っても大丈夫なダイ○ン???


(ステマじゃないよん(^_^;)

注釈:「回る」というのは、スイッチを入れている間、吸ったゴミが本体の中でくるくる回るのです。動画を検索するといっぱいでてきます

現実逃避中

楽団の本番が近い

私は元々「調整要員、足りないパートに入る」という事で、1st、2nd、ビオラを一通り弾けるようにはしていたんですけど・・・

ある曲のセカンドバイオリンが苦手
「セカンドは慣れた方々だから大丈夫でしょう」
と思っていたんですよ

セカンドメンバーの1人がやむ得ない事情で出演できなくなった_| ̄|○

まあ、そういう時のための「調整要員」ですから、セカンド行き決定!

いちおうセカンドもさらってはいたけど、相変わらず「ざる」な譜読みで、真面目に矯正中です

初めてのセカンドで、指揮者とトレーナーから突っ込みが入りまくるのが目に見えるようだ。(;つД`)
(前回「セカンド、(音量が)足りない」と言われてしまった。人員は増やせないから出る人間ががんばるしかない)

というわけで、レッスン曲は放置になっているという事情を師匠にお話したんです。
「そっちをレッスンしましょうか?」
と師匠が心配しておっしゃってくださったのですが

「レッスンでまでやりたくないです・・・レッスンの時ぐらい忘れたいです(´;ω;`)ウッ…」
と言ってしまっただ・・・・

どうせレッスン曲練習してないんだから、見てもらった方がよかったんじゃね??

と終わってから思ったのであった・・・・

一応、バッハ無伴奏を一通り弾きました
本当にさらっただけ(^_^;

どん引き・・・・・

バッハのバイオリン無伴奏ソナタ2番の1楽章を拡大コピーしたのですよ・・・

「出だしがソナタ1番に似てるな(^^)」
なんて思いながらコピーをとったら1ページ目の終わりに終止線が付いてない
「2ページ目もあるんだ」

まだある?あれ?2ページ目の終わりにも終止線がない・・・・

えっ?えっ?えっ??
まだ続くの??
そんなに長い曲????

6ページあった・・・_| ̄|○

うそだろ~~!!
聞いてない><

だけど、途中の曲の雰囲気が違うんですけど・・・

確かCD聞いた時1楽章はそんなに長くなかったよね????

よく見たら、2ページ目の2段目で終わっていたのであった。

3段目からは
>第2楽章の「フーガ」は287小節にも及ぶ長大なものである(ウィキペディアからの引用)
というのでした。

約5ページ・・・・

ちなみにソナタ3番、第2楽章のフーガは354小節よりは短いけど・・・・

道は激しく険しい・・・・

どうなるんでしょうね・・・

先週ぐらいから
「まずいかも・・・」
と思っていましたが、あえて気にしない事にしていたんです。

だけど昨夜から右目の奥ぐらいが「キリキリ」と痛みまして・・・
頬だけなら
「いつものね」
で終わらせるんですけど、目は怖いですからねえ・・・

耳鼻科でレントゲン撮ったら、右目辺り副鼻腔炎でした。

今週いっぱい服薬です。

とらとらとら(^_^;)

昨夜、楽団の練習から帰宅後の話

本番まで、あまり時間がない><
「ちときびしいかも・・・」
とだんなに言ったら
「トラが来るんだろ?」
というので
「今年トラさんは断ったの」
「トラブったの?」
「いや、そうじゃないのだけど来られないの」
「じゃあ、リストラしたんだ(^^)」

うまい?(^◇^;)

注 今年は違うコンサートが入って、毎年トラさんに来てくださっていた方々がそちらにいく事になってこっちに回って来なくなったためで、トラブルがあったわけではございません。念のため

風邪の季節

本日、美容院を予約していました。
なかなか私のスケジュールと美容院の開いている時間が合わず、やっと合ったのです。

楽しみにしていましたが・・・・

美容師さんのご家族急病のため
「違う日にしてもらえないか?」
というメールをいただいて、了承しましたさ。

だけど、かなり残念><
ううう・・・やっとさっぱりすると思ったのに~~!!
なんで~~~!!
という気持ちが消えない

本音はここで書いて、(美容師さんはここ見ないから)忘れる事にする

現実は、髪の毛がすごい事になっていて、忘れたくても忘れられないのだけど(^_^;)

自営業はそういう時大変だなと思いましたです。

美容師さん、そういう緊急時に
「ふぃるさんなら事情を話せばわかってもらえる」
と思ったと思うのよ(たぶん)

じがじさ~~ん(爆)

ムリをさせないでよかったと思います。

ご家族の方、早くよくなりますように・・・・

あらためて・・・思う

うちのご近所さんが建国記念日の昨日
「春祭り」をするというので、先週から準備の人がやたら出入りして
(数千人以上の来場だったそうだ。すげっ!←すぐ近くだけど行かなかった人)
だんな(三味線)も私も全然練習ができませんでした(/_;)

「あんなに人がいるのに練習したら
『あそこの家から変な音がずっと聞こえる』
ってうわさになるよな(ーー;)」
とだんなが言うので・・・

毎年の事ですが、自分が楽器をするようになって気になるようになったらしい
去年までは「別に気にしないで練習すればいいじゃん」と言っていたお方

そんなわけで、だんなの三味線1年です(話が横)

やっと、本日から平常運転ですが、いきなりレッスンって割り切れない気がする。

地域のためだから仕方がない?(^_^;

ソナタ第3番ハ長調 BWV1005
4楽章
2楽章のあの「壮大なすごくしつこい」フーガの後なので、すごく短く感じます

「あと1回ぐらいして、次は・・・・」
とページをめくる師匠
(「もしかしてパルティータ第2番いく?」)
とワクワクドキドキだったんですけど
「ソナタ第2番はしましたっけ?」

していませんでした・・・・

というわけで、今年はソナタ2番っすね
これも壮大なフーガが待っているそうだ・・・・
気が遠くなりつつある。

ビバルディ 四季から「夏」
今回はちゃんと楽譜出しておいたぞ~!

実はこの曲、去年楽団でする予定だったのですが
「うちの実力ではムリ!」
とトレーナーから速攻で却下されたといういわく付きの曲

「もちろん指定の速度ではムリなので、ゆっくりします」
と言って始めたのですが・・・・

ゆっくりでもムリなんですけどお・・・・(鬼汗)

「こりゃ却下されて当然」
と今さら納得(^_^;

ソロに頼ればいいってもんじゃないのですね(...( = =) トオイメ

「ソロに合わせる練習」
みたいなのを目的にしているみたいです。

以下ウィキペディアからの引用

アレグロ・ノン・モルト-アレグロ
かんかんと照りつける太陽の絶え間ない暑さで人と羊の群れはぐったりしている。松の木も燃えそうに熱い。カッコウの声が聞こえる。そしてキジバトの囀りが聞える。北風がそよ風を突然脇へ追い払う。やって来る嵐が怖くて慄く。ヴァイオリンの一瞬一瞬の“間”に続いての絶え間ない音の連続が荒れる嵐を表現している。

アレグロ・プレスト・アダージョ
稲妻と雷鳴の轟きで眠るどころではない、ブヨやハエが周りにすさまじくブンブン音を立てる。それは甲高い音でソロヴァイオリンによって奏でられる。

プレスト(夏の嵐)
嗚呼、彼の心配は現実となってしまった。上空の雷鳴と雹(ひょう)が誇らしげに伸びている穀物を打ち倒した。
引用終了

「夏って蚊だかハエだかがうるさいというのを表現しているって聞いたのですが、それって何楽章でしたっけ?1楽章?」
「1楽章は嵐じゃないんですか?2楽章だと思いますけど」by師匠
「えっ?1楽章だと思ってました」

私がソロしたらきっと全部蚊だ・・・・・
(ソロなんぞ絶対弾けないけど)

と思ったら、蚊じゃなくてハエでした・・・

すでにいろいろ違っている(^_^;)・・・・・

自己愛

「自己愛」
で検索するといろいろ出てきますデス・・・・

怖い世界だけど、実はどこにでもいるそうで・・・・

25人に1人という計算があるそうで・・・


過去に出会った「困ったチャン」に当てはまる場合もある
(というか、「あの人はこれかも?」と当てはまるような人がいますデス)

「そういう人がいる」
という知識があるだけで、かなり救われるという事を「ターゲット」にされた人達が言っているので、私もそれでネタにしてみました。

音楽している人に結構多いそうで(げっ!)

関わらないのが一番いいそうですが、あちらが勝手に「ターゲット」にする場合があるそうなので、そうもいかない場合が多々じゃないかと。

身内にいる場合もあるそうです。

私が過去に接した人で(ブログのネタにできるという事で私には直接関わりのない人です。接したというか何回か見かけたというのが正しいかも)一番に思い当たる方の特徴を思い出してみる

※ 根拠のない自信(自分は特別だという事を臆面もなく言う)
※ 人によって態度が全然違う。気に入った人(利用できると踏んだ人)にはとてもいい人で愛想がいいが他の人間は露骨に見下した態度をとる。(利用されている方々にはめちゃくちゃ評判がいい。それ以外の方は私も含めて「???」だったりする。私がなんで記憶しているかというと、その場にいた関係者への横柄すぎる態度が強烈だったからです)
※ 自分を優位にするためなら平気でウソをつくし作り話をする(つじつまが合わない場合も多々)
※ 主たる役や重要な役をやりたがるけど実力がないから責任が果たせない。それを他人のせいにする、周りが迷惑を被る

等々、書き始めるとキリがないのですが・・・

うけ流そうとすればしつこくつきまとい、言う事を聞けば要求がどんどんエスカレート、反抗して離れようとすれば嫌がらせや周りに悪口を言いふらされる

職場や家庭内の場合はやられた方が神経をやられたりするそうです。


そして、それは決して他人事じゃないんですよね・・・・
今は関係なくても近所に引っ越してくるとかあるかもです・・・・・

くわばらくわばら・・・です

ちなみに↑にネタにした方は、今は消息不明です
後からいっぱい「ネタ」を伺いましたです
私が住んでいるところの関係者だったので、
「あの人知ってる?」
という形で伝わってきました

元々全然関係ないのでどうでもいいのですが、全然関係ない私にまで伝わってくるってどれだけだったんだろ?とあらためて思いますね(^_^;

サイレントモア

「モラスハラスメント」
今はだいぶん浸透してますが・・・

要するに「精神的な虐め」という事だと思います。

相手の弱いところを突いて、反論できないように屈服させて自己満足を得る行為というところかしらね・・・・

我慢強くて、許容範囲が広い、いわゆる「いい人」であればある人ほど餌食になりやすく、そして他人には理解されずらいという、本当に報われないひどい行為だと思います。

やっている方にそういう自覚がなかったりするのも困りものかも。
(ひどい場合は「自分の方が被害者」だと思っていたりするし)

そのモラスハラスメントの進化形がタイトルの「サイレントモラ」というそうで・・・・

いえね、何か思い切り思い当たる人がいてですねえ(;^◇^;)ゝ

「なんで私はあの人が苦手なんだろ?」
とずっとひっかかっている人がいたのですよ。
直接関わりのない人なので、実害はないんだけど、なんかすご~~~~~~くイヤなの。

「あ、なるほど!」
とサイレントモラの記事を読んで合点がいきました。

気が楽になりましたという独り言です

あらためて「やっぱり(^_^;」

バロックピッチ(現在の音程より半音低くする)でバイオリンを弾きました

違和感なかったという・・・・

前からネタにしてますが
「絶対音感皆無」
が証明されたという・・・・

知らない曲だったというのはあると思いますが、あそこまで違和感ないとは思いませんでしたデス

「絶対音感があればなあ」
とずっと思ってきましたが、バロックピッチを弾くにあたっては
「なくてよかった」
という事になるようです(苦笑)

知ってる曲だともしかすると辛いかもしれませんけどね。
今のところ大丈夫そうです。

コンマスは絶対音感持ってますけど、バロックピッチでも大丈夫だそうです。
すごいじょ(^^)

虐待??

去年、ダイ○ンのコードレスタイプの掃除機を買いまして・・・・

とても重宝しております。

で、

部屋の隅にダンディ君(ゴ○○リの別称、そのものずばりを口にしたくない姉2人がそう称していたため私も時々使う)
がいたの。

ためらいつつ、ダイ○ンで吸いました。

ゴミにまみれてそれでも動くダンディ君
スイッチを入れると中をくるくる回るダンディ君
それでもめげず、元気に動く・・・・(以下自粛)

等々が観察できちゃうなんていう事は買う時には全く想像できませんでしたわ・・・・・

プラケースに入っているかのような・・・・

おぇ・・_| ̄|○

まあ、ダンディ君でよかった。
これがヒャッキー(百の足と書く毒をもった物体)とかだったら始末に困りますので・・・・

教訓
ダイ○ンで生き物を吸ってはいけない

そろそろです

昨日から目がかゆい

反省_| ̄|○

「来年の合奏の曲はビバルディの『夏』をします」
と言われたのは数週間前

「楽譜持ってますか?」
「あります」
「じゃあ、渡さなくていいですね(^^)」

という会話をして

「じゃあ、今日は夏をしてみましょう」

あるはずの楽譜が出てこなかった・・・

楽譜はあるのです。
本当に、「イヤ」というほどあるはずなんです

探しまわって、やっと製本したのが出てきたのに、肝心のバイオリン伴奏譜が出てこない

それに時間をくってしまい、レッスン時間が短くなりました。

反省して、
去年の暮れぐらいから「整理しよう」と思って本棚から出して積み上げたまま放置していた楽譜を区分けしはじめました。

「楽団用、教室用」
の2種類を分別するところから開始

ビバルディ「春」のバイオリンパートばかりがやたら出てくるという・・・・(ーー;)

なぜ??

今まで弾いた機会を思い出してみる・・・・

数年に1回は弾く機会があったかも?
いただいた楽譜はコピーでも処分しないので、その都度たまっていったという・・・

だけど、プリンシバルは弾けない(苦笑)


楽譜の整理は本当に頭が痛いです。
師匠なんて、私どころじゃないと思うんですけど、お願いするとちゃんと出てくるところがすごいです。

楽譜のひとつひとつにいろいろ思い出があります

いい思い出もあれば、ちょっと悔しい思いとかもあったりします。
それすべてが私の歴史なのよね・・・・

だけどまだまだだったりです(;^◇^;)ゝ

疲れる・・・(^_^;

バタフライすると、めちゃくちゃ疲れる・・・

「すると」
と書いてますけど、全然できませんから!!

できる気が全くしない←しつこい

上級になってバタフライをするようになると、やめちゃう人が出るそうで・・・・

わかる気がします(^_^;

違う話
私がスイミング始めた頃からずっと初級にいるおじさま
すごく熱心なんですけど、
「おしい!」
みたいな感じで・・・・

体が固いのかな?みたいな感じだったんですよ
「何で俺はできないんだろ・・・・」
とさかんに言っていて、
「どうやるの?どうやるの?」
となぜか私に聞いてきまして・・・・
(私が後から入ったのに、数回初級にいただけで中級に行ったためと思われます)

それで、ちょっと避けてた(懺悔)

今日みたら、すごくきれいに泳いでいてびっくりですよ~
違う人かと思いました。

自己分析(自分の泳ぎ方は正しくないという自覚)
先生のきちんとした指導
それをふまえての熱心さの勝利だと思いましたです。


見習って、私もあきらめずに真面目にバタフライやろう~っと。
バイオリンにも通じるものがあるかも?
と思いましたデス

狭いのよねえ・・・(^_^;

昨日のブログは「危ない橋」というよりも「地雷」かも・・・・・
訂正しないけど。

これは地雷じゃないよね?と思いながら書いてみる

1年ぐらい前の話です
いや、もっと前??

まあ、本題はそこではないので(;^◇^;)ゝ

「場所取り」(何の場所取りか?というのはあえて触れない)に某所に行った時の話です。
そこは、決まった日に場所を使いたい団体が集まって、日時等の希望を出すというシステムなんです
(ダブった場合は話合いかくじ引き。「団代表」で行っているので結構真剣(^_^;)

「集まる部屋が狭いので、場所取り要員は各団体1名まで」
というのが張り出されていて、ほとんどの団体が守っているんですけど、某団体が毎回、注意を受けているのに、3人ぐらいでやってくるんですよ。

人が多くて、座れない人(私もその1人だった)もいるのに、3人で腰掛けて大声で話しているという・・・

ある時
(また3人で来てる(ーー;))
と思っていたら、

「○○さんはいい。あの方が○○をするべきよ!!」
と大きな声で話していて

「○○さん、○○さん」
を連発・・・・(^_^;


○○さん、ちょっとめずらしい苗字なのと、状況的に、

私の知り合い・・・

悪口ではなく、褒められているわけですが
(実際、とても素敵な方です(^^))

正直、
すごく複雑な気持ちでしたデス・・・・・
(場所取りのルールは無視する、自分達のせいで座れない人がいるのに平気な顔して、さらに他人の事を悪口じゃないとはいえ大声で話す、
そんな人達の中で大丈夫?みたいな・・・
余計なお世話なんですけど)

昨日、たまたまお知り合いの方が
「ああ、○○さん、今あの団体には行ってないみたいだよ」
という事をお話されていたので

なぜか、胸をなで下ろした私・・・・・

話が中途半端に切れてしまったので、こんなところでネタにしてしまってすみませんm(__)m

↑の話と団体をお休みしているのに因果関係はないと思います。
そこは誤解ありませんようにお願いいたします。
1年以上前の話なので、今は状況が違っているかもしれませんので、そこもご了承いただきたいです。

オチがない話ですみませんm(__)m

例年通り

発表会

独奏、めちゃくちゃでした・・・_| ̄|○

当日の午前中でも指慣らしができればまた違うんですけど・・・・
来客で、ほぼ「ぶっつけ本番」

練習でできないのが、そんなのでできるわけがない。

まあ、割り切りましたけど・・・
ピアノの先生が上手く合わせてくださったし

雨の歌を練習できてよかった(^^)
ということで・・・・

しかし、チェロのお手伝いに来てくださった方から思い切りダメだし喰らいました

正直ショック(´;ω;`)ウッ…

合奏もいまいちで・・・
がっくり・・・・
(やっぱりセカンドソロを引き受けなくてよかったと思いましたデス。本番にめちゃくちゃ弱い)

だけど、そのチェロの人は
「あんたは言えばちゃんと直せる。そこがすごくいい」
とおっしゃっていただき・・・・

実は自覚がない(^◇^;)
そうでしたか??(たまたまなのかも・・・)

トレーナーに「合っているのがわかればいいね」と言われた事がありますが・・・・
(合っている時があるのか?)
と思ったし

複雑な気持ちになったのですが・・・・

ふと、ひめちゃんの子猫の時の写真が見たくなって、過去日記をひっくり返してみて、

>言われるうちはまだ救いがあるのかもと思い知るこの頃・・・・
>言われたら素直に直す努力ができる人格でありたいです・・・・

という文章を発見

そうだよ、言ってもらえるなんて本当にありがたい。

できない事だらけで凹む時の方が多いけど、大事な事はちゃんと覚えておかないとね。
と思った、今年の発表会でした。

(過去日記をリンクさせていたのですが、「危ない橋」みたいな気がしたので、編集しました)

FC2カウンター

ふぃるの木
PROFILE
HN ふぃる
住処 九州南部の端
性別 ♀

☆わんにゃん☆

♪こたろう(通称こた) 
雑種黒猫元♂ 
2009年10月に我が家の一員になりました
♪レイア姫(通称ひめ) 
耳垂れにゃんの女の子
2010年2月15日生まれ
♪ミルフィーユ(通称ミル) 
バセットハウンドの女の子
2004年12月8日生まれ
最近のコメント
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索